TikTokのフォロワーは何人からすごい?フォロワーごとの収入やフォロワーを増やすメリットを解説!

TikTok
TikTokの運用代行を任せるなら!

・お客さまは大手企業中心で実績が豊富
・バズとブランディングの両立
・ショート動画特化の会社なので、トレンドを抑えたクリエイティブ制作が可能

TikTokに力を入れたい企業様はUtakataにお問合せください!

TikTokのフォロワー数は何人から「すごい」と言えるのでしょうか?SNSの人気アプリであるTikTokには、様々なインフルエンサーが存在します。この記事では、TikTokのフォロワー数について解説し、インフルエンサーの分類やフォロワー数ごとの収入についても詳しく探求していきます。さらに、フォロワーを増やすことによって得られるメリットもご紹介します。TikTokで成功するためのヒントや注意点も取り上げ、皆さんがTikTokインフルエンサーになるための一助となることでしょう。

なお、おすすめのTikTok運用代行企業おすすめのTikTokキャスティング会社については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

TikTokのフォロワーは何人からすごい?

TikTokには、様々なインフルエンサーが存在しますが、一般的には上位20%に入るフォロワー数が1000人以上で「すごい」と言われることがあります。この基準は一般的な目安ですが、実際には個々の業界やテーマによっても変わることがあります。自分のコンテンツや目標に合わせて、フォロワー数を目指すことが大切です。

上位20%に入る1000人以上から

TikTokのフォロワー数がどれくらいで素晴らしいと言われるかを知りたいですよね。フォロワー数が1000人以上になると、上位20%に入ると言われています。ただし、TikTokは他のSNSよりも容易にフォローされる特徴があります。そのため、フォロワーが1000人ではまだまだ影響力は持てないと言えるでしょう。影響力を持ちたい場合は、フォロワーが1万人以上が目安です。1万人突破するには、さらにコツが必要になるため、まずはフォロワー1000人を目指しましょう。

TikTokにおけるインフルエンサーの分類

ここからはTikTokにおけるインフルエンサーの分類について解説していきます。

【100万人以上】トップインフルエンサー

トップインフルエンサーの中には、様々な分類が存在します。例えば、エンターテイメント系のインフルエンサーは、ダンスや歌唱力を活かしたパフォーマンスを通じて人気を集めています。彼らの動画は、視覚的に魅力的であり、多くの人々に共感を与えることができます。また、美容系のインフルエンサーは、メイクやスキンケアのテクニックを披露し、自身の魅力を最大限に引き出す方法を伝えています。彼らのアドバイスや商品紹介は、多くの人々に影響を与え、購買意欲を高めることができます。

これらのトップインフルエンサーは、フォロワー数が100万人以上という大きな影響力を持っています。彼らの投稿は、多くの人々に拡散され、話題を呼びます。そのため、企業からの広告やスポンサーシップのオファーも多く、彼らは自身の影響力を活かして収益を上げることができます。

【10万人以上】ミドルインフルエンサー

ミドルインフルエンサーは、一般的に10万人以上のフォロワーを持ち、一定の影響力を持つ人々です。彼らは、フォロワーとのコミュニケーションを重視し、日常の生活や興味のあることを発信しています。彼らの投稿は、多くの人々に共感を呼び、広く拡散されることがあります。

ミドルインフルエンサーの特徴としては、フォロワーとのコミュニケーションが挙げられます。彼らは、コメントやダイレクトメッセージに積極的に返信し、フォロワーとの関係を築いています。また、彼らは、自分自身をブランド化し、企業とのコラボレーションや広告活動も行っています。そのため、広告主からの信頼も厚く、多くの企業からのオファーが舞い込むこともあります。

【1万人以上】マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーとは、フォロワー数が1万人以上であるが、大手のインフルエンサーほどではない個人のクリエイターのことを指します。

マイクロインフルエンサーは、一般のユーザーとの距離感が近く、より身近な存在として親しみやすいという特徴があります。彼らは自分自身の個性や魅力を活かした独自のコンテンツを発信し、それによってフォロワーからの支持を得ています。

また、マイクロインフルエンサーは、より特定のニッチな分野に特化していることが多いです。例えば、料理やファッション、美容など、自分が得意とする分野で知識や情報を提供することによって、フォロワーの興味を引きつけています。

【1000人以上】ナノインフルエンサー

ナノインフルエンサーとは、一般的には10,000人未満のフォロワーを持つインフルエンサーを指しますが、TikTokでは1000人以上のフォロワーを持つことが一般的です。彼らは比較的小規模なフォロワー数ですが、その影響力は大きいと言われています。

なぜなら、ナノインフルエンサーは、より狭いコミュニティ内での信頼関係を築いているからです。彼らはフォロワーとのコミュニケーションを重視し、より個別の対応が可能です。そのため、フォロワーからの信頼度が高く、彼らの意見や情報に対して積極的に反応する傾向があります。

ナノインフルエンサーは、大規模なフォロワー数を持つインフルエンサーよりも、より密な関係を築くことができると言われています。そのため、企業やブランドは彼らを活用し、よりターゲットに近いフォロワーに訴求することができます。

【1000人以下】ライトインフルエンサー

ライトインフルエンサーは、一般のユーザーと比べてもフォロワー数が多く、投稿されたコンテンツには一定の反応があります。彼らは、特定のテーマやジャンルに関心を持ち、その分野での情報やエンターテイメントを提供することで、フォロワーに影響を与える存在です。

ライトインフルエンサーの特徴としては、フォロワー数が少ないため、より直接的なコミュニケーションが可能であるという点が挙げられます。彼らは、フォロワーからの質問やコメントに迅速に対応することができ、コンテンツの質を向上させることができます。また、ライトインフルエンサーは、フォロワーとの関係を重視し、共感や信頼を築くことができる傾向があります。

ライトインフルエンサーは、フォロワー数が少ないという点で大規模なインフルエンサーと比べると、報酬や収益の面では劣るかもしれません。しかし、彼らは真摯な姿勢や熱意を持ち、フォロワーとの関係を大切にすることで、信頼性や忠誠度を高めることができます。

TikTokのフォロワーは何人から稼げる?

TikTokのフォロワー数が一定以上になると、収入を得る機会が増えます。例えば、1万人以上のフォロワーを持つと、TikTokの新プログラム「Creativity Program Beta」に参加することができます。また、10万人以上のフォロワーを持つと、企業案件やTikTokライブの投げ銭などの収入源も増えてきます。

【1万人以上】TikTok新プログラム「Creativity Program Beta」

TikTokは、新たなプログラム「Creativity Program Beta」を開始しました。このプログラムは、TikTokで高品質なオリジナルコンテンツを作成するクリエイターに報酬を与えるものです。参加条件として、ユーザーは18歳以上であり、フォロワーが1万人以上必要です。

このプログラムは、TikTokのクリエイターコミュニティを奨励し、成長を支援するために導入されました。TikTokは、クリエイターがより多くの時間とエネルギーを投資し、独自のコンテンツを提供することを目指しています。それにより、ユーザーはより多様なコンテンツを楽しむことができ、クリエイターは報酬を得ることができます。

参加するためには、まずは十分なフォロワー数を獲得する必要があります。1万人以上のフォロワーは、クリエイターが一定の人気と影響力を持っていることを示す重要な指標です。また、年齢制限もあるため、18歳以上のユーザーのみが参加できます。

【1万人以上】企業案件

現在、TikTokはSNSの中でも急速に人気を集めており、多くの企業がその注目度を利用してマーケティング活動を展開しています。その中でも特に注目すべきは、TikTok上で提供される企業案件の数々です。なんと、1万人以上のフォロワーを持つTikTokerには、さまざまな企業からの案件が舞い込むのです。

なぜTikTok上で企業案件を受けるのか、そのメリットはいくつかあります。まず一つ目は、高額報酬を期待できることです。フォロワー数が多いほど企業からの依頼が増え、その結果として報酬も上がる可能性があります。TikTok上での活動は、副業としても十分に成果を上げることができるのです。

二つ目のメリットは、TikTok運用の実績を積むことができることです。企業案件を受けることによって、自身のTikTokアカウントの運用能力やクリエイティブなスキルを磨くことができます。これは将来的に他の企業案件を受ける際にも大きなアドバンテージとなるでしょう。

【500人以上】TikTokライブの投げ銭

TikTokライブの投げ銭機能は配信者にとって最も一般的な収益化方法となっています投げ銭機能、またはギフティング機能とは、視聴者が配信者に対して金銭的なサポートをすることができる機能です

投げ銭機能は、TikTokライブの画面上に表示されるギフトマークを選択することで利用することができます。視聴者は事前にコインを購入し、そのコインを使用してギフトを配信者に送ることができます。ギフトの価格は幅広く設定されており、最安のものは2円から、高価なものは20,000円以上となっています。

投げ銭を受け取った配信者は、換金することができます。換金率は一定の基準に基づいて設定されており、配信者は一定のポイントを集めることで換金することができます。換金方法はTikTokの提供するシステムを通じて行われます。

TikTokのフォロワー数ごとの収入は?

ここからはTikTokのフォロワー数ごとの収入について解説していきます。また、この計算はあくまでも相場であることと、フォロワー数も大事ですが、最近は再生回数の方も重視される傾向にあるので注意しましょう。

【1万人】×単価2円=2万円

TikTokは現在、非常に人気のあるSNSアプリであり、多くの人々が日々利用しています。そのため、TikTokのフォロワー数が多いほど、インフルエンサーとしての収入も期待できるのです。

具体的には、TikTokのフォロワー数が1万人の場合、単価2円が想定されます。これは、企業案件の動画投稿依頼などによる収入です。

この単価相場を元に計算すると、1回の企業案件で2万円の収入が期待できることになります。ただし、これはあくまで目安であり、実際の収入はクリエイターの交渉力や人気度によって異なることもあります。

また、フォロワー数が増えるにつれて、単価も上昇する傾向があります。例えば、フォロワー数が10万人の場合、単価は3~5円とされており、1回の企業案件で30万円~50万円の収入が期待できます。

【10万人】×単価3円=30万円

TikTokのフォロワー数ごとの収入は、フォロワー数10万人のクリエイターであれば、依頼単価が「10万人×3円=30万円」というイメージですこの単価相場で考えると、1回の企業案件で30万円~50万円の依頼が期待できる計算になるでしょう。

TikTokは、若者を中心に大きな人気を集めているSNSアプリです。そのため、多くの企業がTikTokのクリエイターとコラボレーションし、広告やプロモーションを行っています。クリエイターのフォロワー数は、企業にとって重要な要素であり、フォロワー数が多ければ多いほど、企業からの依頼も増える傾向にあります。

フォロワー数10万人のクリエイターであれば、依頼単価は一般的には「10万人×3円=30万円」となります。ただし、これはあくまでも目安であり、実際の依頼内容や企業の予算によって変動することもあります。また、最近は再生回数にも注目される傾向があり、再生回数が多いほど依頼単価も上がることがあります。

【100万人】単価4円=400万円

フォロワー数が100万人だとすると、依頼単価は「100万人×4円=400万円」となりますつまり、1回の企業案件で400万円の収入が期待できるということです。

ただし、この単価はあくまでも目安であり、実際の収入は依頼してくる企業次第です。企業が提供する案件の内容や要件によっては、単価が上下することもあります。

TikTokのフォロワー数100万人の収入については、依頼単価4円であれば400万円が期待できます。ただし、実際の収入は企業案件や再生回数によって変動するため、柔軟に対応する必要があります。また、収益化には他の方法もありますので、自身の状況や目標に合わせて適切な方法を選択していきましょう。

TikTokのフォロワーを増やすメリット

ここからはTikTokのフォロワーを増やすメリットについて解説していきます。

高単価の企業案件で稼げるようになる

TikTokは、現在急速に人気を集めているSNSプラットフォームの一つです。そのため、多くの企業がTikTokを活用して商品やサービスの宣伝を行っています。これにより、TikTokのフォロワーを増やすことは、企業案件で稼ぐための重要な要素となっています。

TikTokのフォロワーを増やすメリットの一つは、高単価の企業案件を受けることができることです。フォロワー数が多いと、企業からの依頼も増え、その結果として報酬も高くなることがあります。企業は、広告効果を最大限に引き出すために、フォロワー数の多いTikTokerとのコラボレーションを求めることがあります。そのため、フォロワーを増やすことは、収入を増やすチャンスとなるのです。

メディア出演に繋がる可能性がある

近年、TikTokは世界中で大きな人気を集めています。そのため、TikTokで多くのフォロワーを持つことは、クリエイターとしての影響力を高めることにつながりますこの影響力が高まることで、メディア出演の機会が増える可能性があります。

メディアは、注目される人物や話題を取り上げることが多いです。TikTokでフォロワーを増やすことで、自身の存在や活動が注目されることがあります。これによって、テレビやラジオ、雑誌などのメディアから出演依頼が舞い込むことがあります。

メディア出演は、自身の知名度や人気をさらに高めるチャンスです。多くの人々に自分の存在や才能を知ってもらえる機会となります。また、メディア出演を通じて、新たなフォロワーを獲得することもできます。これによって、さらにTikTokのフォロワー数を増やすことができるでしょう。

有名なTikToKerとコラボできる

TikTokのフォロワーを増やすことで、有名なTikTokerとのコラボができる可能性があります。有名なTikTokerとのコラボは、自分のアカウントの露出を大幅に増やすことができるため、非常に効果的です

例えば、ある有名なTikTokerが自分の動画にコメントを残してくれると、そのコメントが多くの人に表示されるため、自分のアカウントの知名度が上がることが期待できます。また、有名なTikTokerとのコラボ動画を投稿することで、そのTikTokerのフォロワーも自分のアカウントに興味を持ち、フォローしてくれる可能性があります。

TikTokインフルエンサーになるためにやってはいけないこと

ここではTikTokインフルエンサーになるためにやってはいけないことについて紹介していきます。

フォロワーを買う

フォロワーを買うという行為は、信頼性を損ねる大きな要因となりますTikTokのフォロワー数は、そのユーザーの人気や影響力を示す指標の一つです。しかし、それが偽装されたものであれば、その影響力は実際よりも遥かに小さくなってしまいます。フォロワーを買うことは、他のユーザーやブランドからの信頼を失うことに繋がる可能性があります。

また、フォロワーを買うことはTikTokの利用規約にも違反しています。TikTokは、ユーザーの信頼性やコンテンツの質を重視しており、偽装行為に対して厳しい対応を取っています。もし発覚した場合、アカウントが凍結される可能性もあります。

結果として、フォロワーを買うことはインフルエンサーとしての信頼性や成長にマイナスの影響を与える可能性があります。真のインフルエンサーとして成功するためには、フォロワーを購入するような手段に頼らず、質の高いコンテンツや継続的な努力を積み重ねることが重要です。

怪しい企業案件は受ける

TikTokでインフルエンサーになるためには、様々な努力が必要です。しかし、その過程でやってはいけないこともあります。特に、怪しい企業案件の依頼は受けるべきではありません。

怪しい企業案件とは、信頼性が低く、背後に不正な取引や詐欺行為がある可能性がある案件を指しますこれは、インフルエンサーとしての信頼を失うだけでなく、法的なトラブルにもつながる恐れがあります。

インフルエンサーとして成功するためには、フォロワーの信頼を大切にすることが重要です。フォロワーは自分の発信する情報や提案に対して期待を持っているため、信頼を失うような情報発信は避けるべきです。

炎上に繋がりそうな投稿をする

TikTokでインフルエンサーになるためには、炎上に繋がりそうな投稿は避けるべきです。まず、炎上に繋がりそうな投稿とはどのようなものでしょうか。例えば、不適切な発言や非常識な行動は、多くの人々の反感を買う可能性があります。TikTokは広範なユーザー層が存在し、さまざまなバックグラウンドや価値観を持っています。そのため、配慮のない発言や行動は、炎上の原因となることがあります。また、ステマ疑惑や内部告発といった問題も炎上の要因となります。インフルエンサーとして信頼を築くためには、正直かつ透明性のある活動を心がけることが重要です。

TikTokフォロワー人数まとめ

この記事では、TikTokのフォロワー数について解説し、インフルエンサーの分類やフォロワー数ごとの収入についても詳しく探求しました。また、フォロワーを増やすことによって得られるメリットについてもご紹介しました。これらの情報を通じて、TikTokのフォロワー数が何人から「すごい」と言えるのかや、フォロワーを増やすことが成功するための重要な要素であることが明らかになりました。成功するためには、フォロワーを増やすための戦略やコンテンツの質の向上が重要です。定期的な投稿やトレンドに敏感な発信など、フォロワーの関心を引きつける工夫が求められます。また、フォロワーとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことも重要です。

なお、おすすめのTikTok運用代行企業おすすめのTikTokキャスティング会社については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました